ワーキングホリデーは働きながらその国で勉強や旅行などが出来る制度です。日本と提携を結んでいる国は2013年現在では12ヶ国ありいろいろな国で働くことが出来ます。

Girls Channelに関するご質問を解決いたします。

18歳から30歳までの人であれば参加が可能な制度です。

1つの国に滞在出来る期間は1年から2年ですから上手く滞在すれば12ヶ国すべてに滞在出来る可能性もあります。


始まった当初と違って航空運賃も非常に安くなり情報もインターネットを利用して入手しやすくなりました。

留学のおけいこ情報なら、こちらをご参考にしてください。

ワーキングホリデーは仕事をすることが出来る唯一のビザです。

仕事というのはその国の生活の中で過ごすことになるので非常に貴重な経験をすることが出来ます。

英語が喋れないことを心配する必要はありません。


ほとんど喋れない状態で行った場合でも大きな成果を得て帰国した人はいっぱいいます。
仕事は飛び込みで探すことも出来ます。

言葉に不安がある場合は行く前から事前準備をきちんとして行った後も現地の語学学校で学んでから働くようにするなど工夫が必要です。

ワーキングホリデーはホリデーという名前がついていますが実際には仕事や語学習得などを経験していているので、日本に帰ってからも就職に有利な面もあります。

まず英語が実践のなかで話せるという大きな強みや留学先の国の特徴を知っているということで企業に重宝されるからです。

ワーキングホリデーは深くその国に入り込める制度です。

人脈なども広げる努力をすることでさらに活躍の場が広がります。



Copyright (C) 2015 ワーキングホリデー制度を上手に利用する All Rights Reserved.